SUITSはたぶん、ウソつきと求めるじぶんの話。

海外ドラマのSUITSをのんびり追いかけていて。
今はシーズン7追いかけてるところ。

近頃さいきんのほぼ近年。
ネットのレンタルビデオを借りてドラマを観る。

以前はそのためだけにケーブル局と契約して、ケーブルが引ける環境を選んで引っ越すまでしていたり。
結論から書くと仕事が忙しくて今のスタイルに。
イッツコムさんは本当に良心的なサービスでよかったなって。それにくらべジェー何とかときたら。ネー。
 
 
SUITSってどんなお話?というと。
オシャレな会話、スタイリッシュな井出達、正しいことをするために苦悩するイケメンな主人公。
個性的な脇役に、法廷バディもの。
とくればヒットしない訳もなく。
確か有名なプロデューサーさんなんですよね。(ちょっとタイトルが出てこないけれど、青春ものだったような)

今調べたらシーズン9で終了かー。
マイク役の方はシーズン7で降板、レイチェル役の方もイギリスの王子様(これサラリと話題になってるけれどスゴイよね)と結婚されて出演されてないって聞いてるし。
いよいよフィナーレなんだね。

って、マイク役って主人公ですやん!シーズン8どうなってるの?!気になる。
うーん、確かに残ってる話題って、リットさんとドナさんが幸せになるお話だから、確かにそろそろだったのかな。
視聴者目線だと、リットさんとドナさんは絶対幸せになるべきだよね!

ジェシカさんでスピンオフやるぜーってニュースも出てるけど。
ジェシカ・ママまだ暴れるのか。うひ。

当時は人気がある理由は何となくわかるけれど、好みではなくて。
でも困ったことに、シリーズが続いてしまうと観ないといけないような気がして追いかけてしまって。

海外ドラマを観られる方はご存知の話題で、海外ドラマっていきなり打ち切りで終わる。
ええ?!ここで終わるの?!
人気ないの?!
面白いよ、もったいないよ!
みたいなことがザラにある。
というかシーズンの終わりも次シーズンを盛り上げるためにダイナミックな引きで終わるんだよ・・。
 
ALPHASとか。

HELLXとか。
 
もちろんOdyssey5もリブートして欲しい!!
あれは事故なんだ。
ジコナンダヨ・・。

・・・。

なのでまぁ。
続くなら見ておこうかなぁ・・みたない心理だったり。
もしかしてここからエンジンかかるかも・・みたいな心理だったり。
いやぁ、ここまで観たらネタ的に完走しておいた方がおいしいよね的な思考になる。

なるよね?

お話をSUITSに戻して。
えーっと。
SUITSはお話の多くにウソがキーワードになることが多くて。
やたらめったらウソが多い。
うそつき弁護士マイク・ロスというタイトルでも全く違和感がないくらい、ウソばかり付く。
誰かと約束したことを必ず破る。
そしてバレる、でもめる。

わたしはコレが苦手で。
言っていることは正論なのだけれど、結局話を引き延ばしているのはウソをつくからで。

守れない約束をしたり、約束を守らないことでドラマの主要部分が成り立っている。
それって、自業自得ですやん・・。
みたいなところが気になって主人公に感情移入できぬまま、それでも視聴を続けた結果。
脇役の今後が気になってきたという顛末。
むうう。

登場人物の中にイジワルで性格の悪いパワハラマンがいて。

リットさんという方なのですが、彼は感情が抑えられない性分で、ことあるごとに感情のままに動き、感情を爆発させて周りを混乱させる。
仲間にヒドイ言葉を吐き、ヒドイ仕打ちをし、結果、じぶんがヒドイ目にあう。
彼のすることは因果応報という言葉がストレートに当てはまることばかりで、擁護する必要も同情も必要くて。

でも。

彼の姿を見ていると、気持を抑えられないことは誰にだってあるし、不公平に不満が募ったり、嫉妬や妬みだって、みんな持つよって。
その結果、やりきれない思いをすること。
失敗をどれだけ後悔して、どんなに反省して起きたことは消せないこと。
逃げ出したいくらいみっともない昨日のじぶんと。
相手はその続きのじぶんでしか評価してくれないこと。

本編中の彼の姿は身につまされる。辛い。

ドラマにはよく視聴者の目線のキャラが配置されていることがあるそうで。
当時は無個性で都合の良い恋人役のレイチェルさん(ディスってないよ)辺りがそうなのかなーと思っていたのですが、じつはリットさんなんじゃないかなって今は勝手に想像しながら視聴を続けているところ。

リットさんがんばれ。
わたしはリットさんを応援しているよ!