宇宙の片隅の誰もしらならい冒険1、ファンタシースターオンライン。

ファンタシースターオンライン。

広告には「はじめましてから始まるRPG」と書かれていました。
わたしが大スキなゲーム。

思えばドリーム・キャストはこのためだけに購入し。
このゲームでドリーム・キャストは大破し寿命を全うした。

当時からファンタシースターオンラインはドリームキャスト・クラッシャーと呼ばれていて。
ディスクのアクセス頻度が多いため、ピックアップレンズのヘッドが壊れるとかなんとか?
真偽のほどはわからないけれど、アクセス音が「ジーコ、ジーコ」と比較的甲高い音を出していたドリームキャスト。

彼がファンタシースターオンラインを動かすときはめいっぱいだったことは確か。


ファンタシースターオンラインは今でこそ当たり前になったオンラインでのプレイが可能なアクションRPG。

テレホーダイでしたっけ。

常時接続がまだなかった時代。
固定電話をつなぎっぱなしにしてネットをするテクノロジー。
通話回線なのでお値段がそれなりにかかるものの、深夜から早朝の一定時間だけ、定額で利用できるサービスがあって。

世にいうテレホタイム。

当時のネット民はテレホタイム開始時間には競ってパソコンのターミナルソフト(通信に使うソフトウェア)を立ち上げ、ネットの世界に飛び込んでいたよね。
23時から8時までだったような?

「急げ!もう8時まで時間がないぞ!」なんてドラマチックなイベントも多かった。

          _____________
   ___   /
 /´∀`;::::\<  呼んだ?
/    /::::::::::| \_____________
| ./|  /:::::|::::::|
| ||/::::::::|::::::|

まだインターネットという単語も噂でしかなく、

「なんでもインターネットというものが来るらしい。すごいらしい」みたいな情報レベル。
無知なわたしも「富士通がインターネットをはじめるんだって」みたいな伝聞を広める役を担っていた。

あれ?
当時から悪いひと?

ニフティ・サーブに接続してパティオと呼ばれる登録制会議室(だったかな?)でお話したり。
やっぱりゲームの話題で。

当時で言うとWindows95とか、Windows98の全盛期の頃。
目にするホームページ全てが珍しく、出会う人すべてに挨拶して。
相手に礼節をもって接するのが当たり前だった時代。

インターネット・ブラウザといったらIEってアイコンを叩けばいいんだよという時代。
壁紙と効果音を変更するのがパソコンのカスタマイズで、HDDへのデフラグに使命感を持っていた時代。
なんかあのデフラグが進んでいく画面に「すごいテクロノジーだ」と意味もなく感心していたり。

したよね?
 
 
ドリームキャストにはコンシューマのゲーム機には珍しく、本体に電話モデムが標準搭載されており、PCを使わずにパソコン通信ができた。
ブラウザも専用ソフトとして同梱されていて。
ええと、ドリームパスポートで名前あってる?
まだ持ってるよ。

パソコンがあったので使うことはなかったけれど、なんかちょっとブルジュアだった気がしてきた。うひ。

懐かしいな。

わたしはナムコっ子だったから、あまりハード・メーカーのセガさんに思い入れがなくて。
どちらかというとゲームセンターでお世話になった感じなのかも。
アウトランとかアフターバーナーとかね。
ギャラクシーフォースは300円だったっけ?お高くてあまり遊べなかったな。
でも体感ゲームの中ではいちばんスキ。

セガさんのゲームは曲がカッコいい!みたいな緩い感想。

結構社名変わってたりするんだよね、セガさん。
覚えている範囲だとえーっと。
うーん。

セガ・エンタープライゼスのころ?かな。
コンシューマ・ゲーム機で最初に触れたのはセガ・マーク3。
ウッディポップとか、ジリオンあたりをよく遊んだと思う

ジリオンというと光速光線銃。
赤外線?を扱ったガンシューティング・トイの走りだったような気が。
ほしかったけど買ってもらえなかった・・。
初代はちょいとハイテク感あふれるデザインというか、ポリゴン数節約した感じの立体感。
ネー。

マーク3で遊んでいたのはアニメ化されたジリオンの方のゲーム版で。
JJとチャンプとアップルがキャラ・チェンジで使えたような気がする。
謎の3輪変形バイクと。
変形バイクは2作目か。
アーモレイター?モスピーダっぽいやつ。
何故お前がそこにいるんだよという、オパオパもいた。
オパオパはロボットだったのかな?

あまり気にしてなかった。
原作だと生き物なんだよね。オパオパ。

そいえば当時って、結構アニメ作品のゲーム化って多かった思い出。
何でもゲーム化されていたような。
最近はあまり見かけないのは何でだろう。
結構な本数のアニメが放送されているのに。

ん?

そうか、枠が短すぎて開発が期間的に追いつけない、から?
ソーシャルゲームは出るのにね。
うーん。
あっちも予算は食いそうなものだけれど。
ターゲット層のハードの所有率とか・・かな?
むむーう。

無印のファンタシースターもプレイしたっけ。
初出はマーク3なんだよね。
ダンジョンがぐいぐいアニメーションするやつ!
モンスターもうねうねしてたような?(昨年あたりSwitchに移植された)

あと、セガのRPGはキャラが縦に長いんだな・・とか感想を持った記憶。

ファンタシースター・シリーズはオンラインの名前が付かないのがターン型戦闘のRPG。
オンラインと名がつくのがアクションRPGに分かれるのかな。
あいや、ユニバースもあったっけ。
ゼロやノヴァもあるし。
ジャンル上はアドベンチャーやカード・バトルというタイトルもあるし。
むう。

ええと、記憶にある分で整理すると。
セガ・マーク3でファンタシースターというRPGが誕生。
メガドライブでファンタシースター2、ファンタシースター3、ファンタシースター4とシリーズが続き.いったんここで一区切りになるのかな。

それから少し時間があって。
ドリームキャストでファンタシースターオンライン。
ここで初めてネットワークを使ったオンラインゲームに。

アドベンチャーゲーム版もこの頃?オンライン配信専用だったんだよね。
その後にNINTENDOゲームキューブでファンタシースターオンラインEP1&EP2。
コントローラーのど真ん中にフルサイズのキーボードを内蔵した変態コントローラーがあって、実はとても便利だった。
今プレイするならゲームキューブ版がオススメされることが多いんだよね。
はて、何故だろ。
ゲームキューブが壊れにくいから?
バグが少ないからかな。

Windows版のファンタシースターオンラインもこの頃だっけ?
Windows版はのちにEP4のファンタシースターオンラインブルーバーストが出るけれど。
あ、その前にNINTENDOゲームキューブでカードゲームとしてファンタシースターオンラインEP3。(EPはエピソードの略ダヨ。

時は流れ。
ファンタシースターオンラインの後継タイトルとしてWindowsとPlayStation2向けにファンタシースターユニバース。
PlayStation2版は当時予定していたHDDユニットが使えないようになり、大分かわいそうなことになっていた記憶。
確かPlayStaion2の薄型の実機には拡張コネクタがなくなって、HDDユニットが接続できなかった?のかな。

そして初の携帯機向けファンタシースターシリーズ、PlayStation Protable向けにファンタシースターポータブル。
それから半年弱、NINTENDO DS向けファンタシースターZERO。
タッチペンを使って絵が描けて、それを吹き出しとして会話できたり、Wi-Fiを使ったオンラインプレイが可能に。

PlayStation Portable向けはファンタシースターポータブル2、ファンタシースターポータブル2INFINITYへと続き、2以降はインフラストラクチャーモードを使ったオンラインマッチング機能があり、オンラインプレイが可能。
ファンタシースターZEROもファンタシースターポーターブル・シリーズどちらもローカルでの協力プレイに対応。

ファンタシースターユニバースの後継タイトルとして、ファンタシースターオンライン2が開始され。
PlayStation VITA向けにファンタシースターノヴァ。
で、今に至るのかな。

こうやって並べてみると、いっぱいシリーズが出てたんだね。
ちょっと長くなってしまったので、次回へ続くよ。