アタラナイ、ダマサレナイ、新規上場株式、IPO。

限りなくリスクを低くとって、株取引で利益を出す方法のひとつに、IPO(Initial Public Offering)を利用する手があって。
IPOとは新規上場株式の取引を指す言葉で、株の購入方法が抽選になっている株取引。

株取引で難しいのは、安く購入して高く売ること。
この、言葉にすると簡単だけれど実際にやるには難しそうな要件。
銘柄の選択も必要で、初心者にはハードルが高いわけで。

忍者が木の種をまき、その成長に合わせて跳躍力を鍛えていく的な良い話もなく。
(いやそれ良い話なのだろうか・・) 
 
IPOによる株取引では、それらハードルの高さを軽減できるいくつかの事柄があって。

1つ目。いつ購入する?

証券会社で募集期間が決まっているので迷うこと無し。
やるべきことは、申し込んで抽選に当たるのを祈る。
基本的にIPOでの株の値段(募集価格)は適切な値が設定されているため、値段も気にしない。
実は価格を決めてねーって基準価格を選ばされるのだけれど、ほぼ意味がなくて。
基本上限に設定すればOK。

基準価格は参加者による多数決で基準価格が決まるものの、実は。
例えば「1,000円、1,200円、1,400円のうち、貴方はいくらがいい?」みたいな質問で。
ここで1,000円を選ぶと、仮に1,200円と1,400円で可決された場合に抽選への参加資格がなくなっちゃう。
なので、基準価格は上限に設定しておき、まずは参加資格を得る道を選ぶのが無難。
まずは参加しなくちゃね。

2つ目。いつ、いくらで売却する?

IPOの株は初値(はつね)売りがよいと言われていて。
緑髪のツインテールさんは一切関係ナイヨ。
初値売りというのは株の売買がスタートする前に予約注文を入れ、お値段はお任せで売ってしまうこと。
あれ?でも値段が安く叩かれてしまったりしないの?という疑問はごもっともで。
これはいままでの結果から来ているお話で、人気IPOの場合は初値が募集価格を上回ることが大半なので「細かい策を講じるよりも初値で売ってしまった方が結果がよいよ」といったセオリーみたいなもの。
タイミングを計って、値をじぶんで決めるの難しいからね。

3つ目。銘柄はどのように選ぶ?

これ大切。
不慣れな銘柄や、独自に情報を持っていないうちはネットで情報を発信している方々のサイトを参考にする。
彼らは生活費を稼ぐ目的でサイトを開設しているので、多くの場合「外れ予想」が起きない。
外れるとひとがいなくなっちゃうからね。
へんなメール登録を求めてくるサイトはスルーして、よさげなサイトさんにお世話になる。
あと、感謝の気持ちを忘れずにネ。

おまけ。
慣れてくると、値上がりを予想してリアルタイムで売却したり、
セカンダリと呼ばれる抽選にはハズレたけれど、売買が始まってから売り買いに参加する方法も。
SランクやAランクと呼ばれるクラスの場合、セカンダリでも利益は出しやすい気がするけれど、低リスクではなくなるので慣れないうちは手を出さない方が安全。
 
 
ただ、IPOの抽選は基本当たりません。
ここにきて酷いオチだけど。

宝くじよりは確率高いからへーきへーきみたいなノリ。
ネットなどにたまーに書いてあるような、以下のようなことはないと思って大丈夫。

・参加する証券会社を増やせば当たる!
・家族で口座を増やせば当たる!
・当たらないのは努力が足りないから!

トワナナさんも1年ちょっと参戦してみましたが、まぁ、当たらない。

いわゆるCランク、Dランクといった不人気株しか当選しなかったDEATH。
3回当選して、2回初値割れ。(購入価格より初値が低いこと)

1回は運よく11,100円くらい利益がでました。
たしかランサーズ株式会社かな?
売り出し前から全プレとか、初値割れ安定とか、ガンガン煽られていた会社。

ただ、業種的に大丈夫かなと判断してIPOに参加。
知る限りオンラインの人材マッチング・サービスとしては有名だったしね。

ネット上では今までの傾向から、つまり過去のパターンから予想が立てられる。
それに該当しないケースは多くの場合「下」に予想される傾向があって。
なので、会社に関して確かな情報がある、じぶんが参加しうる根拠があるのであれば、低ランクのIPOの抽選に参加するのも面白いのかな。
でも慣れないうちはダメだよ。
 
 
最後に。
繰り返しになるけれど、基本当選しない。
あまりのめり込まず、待機資金で「人気のIPOのみ」くじ引きをする感覚で続けるのがよいのかなって。

IPOを証券会社が熱心に行う目的のひとつに、証券口座を開設してもらい、資金を入れておいてもらう。
その資金で「そのうちでもいいから」証券取引を行ってもらう狙いがあって。

1年とか2年とか。
まったく当選が無くて、でも資金も減ってないから安全だよねという考えと。
同じ期間、年利1%でも2%でも安全な投資先にお金を入れておけば利益は出ていたのにという考えと。
いずれ比較することになったり、ならなかったり。
 
 
そいえばこういう記事だと通例のオススメの証券会社とか。
うーん。
IPOだと鉄板の会社はいくつかあるのだけれど。

不祥事起こして知らんぷりしている証券会社とかオススメするのもあれだし。
IPO以外なんのメリットもなさそうな証券会社をさも理由をつけてオススメするのもアレだし。

あえてどこかを選ぶなら、完全抽選をうたっているマネックス証券さんあたり?
一度も当選もらったことないけれど!

今迄実績が少ないので穴場とよばれる楽天証券さん、ライブスターさんもよいかも。
ライブスターさんは投資信託がえーっと、ひふみさんオンリーなのでしたっけ?
出資関係で何かあるんですよね。たぶん。
ちょっと不思議な証券会社さん。
IPOの抽選結果の確認サイトが異なっていたり、ちょっとクセがある。
というか多かれ少なかれ証券会社さんのサイトのUIって〇〇イヨネ。

あ、SMBC日興証券さんはお堅いイメージなのだけれど、ドキュメントがスゴク読みやすいので別の意味でオススメ!
IPOもね。
大抵しらない言葉を検索すると、日興さんのヘルプが上位に出てきて、かつそれがスゴイわかりやすく書かれているんだよ。
やさしいよね。

単元未満株を扱ったフロッギーというサービスもあって、初心者さんにはよいかも。
フロッギー読み物としてもおもしろいんだよ。

日興FROGGY 公式

トワナナさんが当選したことがあるのはSBI証券さん、みずほ証券さん、楽天証券さんの3社。

最初に名前があがっていないということはつまり、えーっと?
ちなみにランサーズ株式会社の株を当選させてくれたのは楽天証券さんでした。