設計を見直そう5、ルール・シートに取り掛かる前にまとめ。

戦闘パートに関しては、独立した仕様になるはずなので、ひとまず置いておきます。
同じようにルール・シートに記述する内容になるのですが、非戦闘パートと混ぜるとお話が難しくなっちゃいますので。

まぁ、ほら。
戦闘って得られるものが決まっているじゃないですか。

「名誉?」
いえいえ。

「勝利!」
ううーん。

「お宝?」
あー。

ちゃんと考えよう。
非戦闘パートとの連携ある方がよいかもかも。
システム以外あまり考えてなかったよ・・。

さて。
今回は前回の続きで、今を表す情報(章・日時・進捗・状態・場所)を使って、RPGが組み立てられるか。
いま検討しているルールで問題がないかを確認して行こうと思います。
あ、「場所」は前回の最後に必要かなって話題にあげていた程度ですが、今回のまとめから組み入れて行こうと思います。

問題ないといいなー。

図にする過程で、情報をどのように利用するのかの観点でハンドラを4つ設けました。
ハンドラというお名前はプログラムでよく使われる名前で、要求に対して実行される処理単位?という説明で伝わるわけ・・ないよね。

ええと、例えばある事柄が発生した際に「こんなことしてね」という内容を記述するような仕組みです。
日常だとこういった内容になるかも。

・家の呼び鈴が鳴ったらインターホンのカメラを起動して、外の様子をモニタに表示する
・お風呂の給湯器の温度が40度になったら過熱を止める
・テレビ番組の予約開始時刻になったら番組の録画を開始、終了時刻になったら予約録画を止める

今日の夕飯はこんな料理にしてねって、レシピを渡す感じ?
なんとなーく伝わった?かな?

とりあえず進めちゃいましょう。
TRPGさん1号ではルールの内容にハンドラを導入しようと考えています。
といってもそんなに難しいお話ではなくてですね、図におこしてみて気づいたのですが、あまりバリエーションないんですよ。
今つくろうと思っているのは・・ の前に図を見た方がよいよね。

記録情報とハンドラの構成の図です。
説明文かく

左側が前回にお話していた記録する情報ですね。
2月ごろのお話していたLocationやShopもここで出てきてます。

全体を眺めてみると、
場所(Location)情報が「プレイヤーが見えるもの、できること」を表現していて、
イベント・レベル(Event Level)とイベント・フラグ(Event Flag)が「プレイヤーがやってきたこと」を表現するような形になりそうですね。
日時(DateTime)と章(Chapter)はそのまま、時間の流れを受け持つ形かな。

先ほどお話していたハンドラは図の右側に書いています。
4つ。
上から順番に、「Chapter初期化ハンドラ」「Chapter更新ハンドラ」「Location更新ハンドラ」「DateTime更新ハンドラ」です。
「Chapter初期化ハンドラ」以外はアクションの実行後にイベント・レベルやイベント・フラグを参照してイベント・レベルやイベント・フラグ、場所、日付時刻や章を更新するのが目的です。
ざっくりと表現すると、プレイヤーが何かをしたときにフラグや日付などを更新する機能をハンドラと呼んでいるわけです。
そして、その内容をルール・シートに書けるようにしよう!というのが最終到達地点かな?
「Chapter初期化ハンドラ」は章が切り替わった際にイベント・レベルやイベント・フラグ、場所、日付時刻などを章をはじめるにあたって不都合のない値に更新するのが目的です。
先の記事で「これまずいよね」とお話していたお店のセリフをコントロールする場合などのイベント・レベルの値の調整などを行うのが主目的です。

うーんと、ゲームの内容次第ですが、章はそのままゲーム中のイベントと捉えていただいてもよくて。
あるイベントが発生したとします。
そこで「無人島に流れ着いたからアイテム没収ね」みたいなことをやりたい場合などにもここに処理を書くようになるのかなと思います。
今のところプレイヤーのアイテムやステータスに対して更新をかけられるような設計まで進んでいませんが、やりたいですよね。
「牢屋に閉じ込められた!」とか、お約束あるあるですし。
あとでアイテム返してあげないとプレイヤーに怒られそうだけれど。

む?
でもそれって結構難しそうかも。
牢屋に閉じ込められる前にイベントリのスナップショットをとっておくか、バックアップ用のイベントリを用意して入れ替える感じ・・かな。
ちょっと特殊っぽいからルール・シートに書くとわかりにくそうだし・・・。何か考えよう。
闘技場でバトルだーとか、クラス・チェンジで修行だーだったり、意外とRPGってアイテム没収しますよね。
うーん、持ち込めない制限をするのがよい?
いやいや、持ち込めない制限ってどうやるんだ。えーっと、あー、うーん。
「〇〇系アイテムを所持している場合はアクションに失敗します」的な表現で説明するのはよいとして、ルールに書くのは意外と手間のような、何か方法があるような。
そもそもアクションの失敗ってなんだ。
えええっと。
アクションって失敗してもいいのか。

なるほど!アクションは成功と失敗があってよさげ。

とりあえず「やりたいことリスト」とか作って後回しにしないとパンクしちゃいそうなので今回はこのへんで。
 
 
サイトにTRPGさん1号のメモを残せる場を用意して、そこに記録できるようにするのがまず必要なことかな。
文字だけのペラ・ページでよいと思うので、サイトにページを作ってみます。

次回はメモ・ページを作ったうえで、もう一度。
今を表す情報(章・日時・進捗・状態・場所)を使って、RPGが組み立てられるかをまとめてみようと思います。