ブロッコリーとカリフラワーはどちらも何か企んでいる色をしている。

すごくどうでもよいお話で、最近はいつもの牛乳が手に入らないので「おいしい」と名前の入った牛乳を買っています。
んん?飲んでいますではないの?と聞かれると、飲んではいるのですが、珈琲に混ぜているので「おいしい」かどうかがわからない。
もったいない人生っぽいなって。土曜の朝からしなびてしまうのでした。
 
 
今回は最近書いていなかったアニメのお話でも書きたいな。
という気持ちなので最近観てたアニメのお話。

今期はコレを観るよ!と言っていた中で視聴を続けているのは。
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
くらい?
主人公が破滅フラグを回避するためにとっている行動が、じつは相手を思いやる行動で、結果的に信頼を集めるというほほえましいお話みたい。
ハーレム設定でいて不思議と嫌味な感じがしないのは、本人が別のベクトルで気苦労されているからなのかな。
たいへんそうだよね。報われなくちゃ的な。
うん。カタリナさんかわいい。

あとあと、EDのカットを見て現世のキャラクターが他にもいそうなのはわかっていたけれど、ちょっと予想と違ってた。
あれれ?どう締めるのかわからなくなってきたよ。
このままハッピーエンドで微笑ましく終わりますように。

ほかの2本も録画はしているのですが何となく撮りためモードに入り中。
時間ができたらまとめてみようかな。
 
 
あとは、書いたような書かないような「フェアリーゴーン」の2期を完走しました!!
でーん。
珍しく後半作画が壊れていたような気もしたり、しなかたり。
おっきい絵は大変だよね。
びーむ、びーむ!!
2期は1期の答え合わせと主人公の自己主張率がぐんぐんアップして、1期で世界観をじっくり描いていた部分がいろいろしぼんじゃった感。
たぶん、信念と狂気にとりつかれた人たちの物語。
マーリアさんとフリーの2大「にぶちん」はまぁ、うん。
ここが落としどころで仕方なしなのか。

それよりもですね、ああもう、結局カエルさんとライフルさんが(ピー)じゃないですか!もうー。
ちゃんとしてって、トワナナさんいいましたよね!?いいましたよねっ!!(←めんどくさい)
あいかわらずなんだからー。
まぁ、明確なオチにもっていかない「ふわっとした」感じがPAさんの持ち味なのだろうなとも思うのですが。
観易いのだけれどモヤモヤが残るこの不完全燃焼感をどこで発火すればいいのか。
 
 
えーっと、あとはあとは。
あ、ゴハン時にアレを観てた。
「Z/X Code reunion」

なんで今それなのよ!!って言われそうだけれど、完結まで録画できているのって観易いじゃないですか。
気に入ったら最後まで観れるとか、来週まで続きを待たなくていい感じとか。
耐えられなくても観終わったら肩の荷が下りる感的な。
何言っているのか分からない感じだけれど。

最初観る前は別のシリーズと勘違いしていて。
あーこれ知ってる。カードバドルに負けると(ピー)になっちゃうサイコ系のアレでしょ?知ってる知ってるーって、またエグい話なんだろうなーって思って観始めたら全然違うお野菜の方だったという。

サイコの方はタカラトミーで、こちらはブロッコリー。
人気がある方と無い方、出来が良い方、悪い方。とか言わないように。(←いってる)

冒頭は生身で宇宙にすっ飛ばして戦わせる〇チガイ設定とかで大笑いしながら観ていたのだけれど、3話あたり?かな。
主人公たちのグループが落ちこぼれとして上を目指すスポコンものっぽくなってきて、あれ?ちょっと面白くなってきたかも?って最後までたのしく視聴できました。
これ、毎週敵が襲来してバトルして~にしなかったのは正解ですよね。
作画はたいへんそうでしたが、カット割りをうまい方がされているようで、そこまで見れない感じでもなくて。
OPの色々と試される主題歌と、EDのどこか次元が歪んでる気がする絵はまぁ、置いておく。
お話はものすごいストレートな友情ものだったので、トワナナさん的にはオッケーです。

設定をみると百合っぽくしたかったのだろうなと思いますが、ごくごく普通に友情もの。
主人公が万能でない感じとか、キャラごとに役割をちゃんと持たせている感じとか。
他のチームの話題がちょっと投げっぱなしではあったけれど、最後はちゃんと伏線回収して盛り上がってキレイに落ちましたので、脚本もよいお仕事をされているなって思いました。

少年漫画っぽいのかな。たぶん。
万人にはおすすめされないタイトルだけれど。
トワナナさん的には働きたくないマンと、ござるマンの何となくの距離感がスキでした。

うん。
今夜はブロッコリーでも食べよう。