設計を見直そう12、ルール・シートと地図。

地図どうしましょ。
TRPGさん1号のゲーム内容はルール・シートに記述されます。
TRPGさん1号のルールでコアとなるのは「場所」という要素。
そして、場所と場所の関係が見通しよく記述する手段として、「地図」という考えが持ち込めないかな?と思いついたのが前回まで。

ゲームつくるよー。
 
 
ちょっと、整理からとりかかります。
「場所」と「地図」がつながることはイメージできるけれど、それってゲームの中でどういう扱いになるの?というところ。
そのあたりを図にしてみます。

地図は見方を変えると「今キャラクタが移動できる範囲」を表しています。
ということは、時間経過と共に変化する要素です。
なので、変化は時間に対して行われるものとして定義してみます。

で、図にしてみたものがコレ。
説明文かく

図の例ですと、時間と共に行ける場所が増えること表現していますが、もちろん逆でもよいと思います。
だんだん行ける場所が減っていくお話もあるかも知れません。
別の土地に移動するという考えで、まったく異なる地図へ変化するお話もあるかも知れません。

この図でわかるのは時間と共に「地図」が変化して、「要素情報」として参照される「場所」の情報も変化するという点かな。

んー。
こんなんテキストで書けるの?という疑問ももちろんありますが、そのあたりはまだ平気そうな気がしています。

例えば、場所の定義に番号を付けてあげて、その番号で表にすれば何となく視覚出来る情報になりますよね。
えーっと。

これが場所の定義の例。

0:無し
1:りんごの街
2:ばななの街
3:ももの街
4:みかんの街

これが地図の定義の例。

[0,0,1,1,1]
[0,2,2,1,1]
[0,3,3,3,1]
[0,0,0,0,4]

地図の中に書かれている数字が場所を指しているイメージです。

この地図から以下のことがわかります。
・りんごの街は面積が6なのでとても大きい街、ばななの街、ももの街、みかんの街に移動ができる
・ばななの街は面積が2なので小さ目の街、りんごの街、ももの街へ移動ができる
・ももの街は面積が3なので中くらいの街、りんごの街、ばななの街へ移動ができる
・みかんの街は面積が1しかない最小の街、りんごの街へのみ移動ができる

ええと。
これを時間と共に変化させる場合はこんな感じになるのかな。

Chapter1:スタート時点では「ばななの街」のみ。
[0,0,0,0,0]
[0,2,2,0,0]
[0,0,0,0,0]
[0,0,0,0,0]

Chapter2:色々あって「ももの街」に移動できるようになった。
[0,0,0,0,0]
[0,2,2,0,0]
[0,3,3,3,0]
[0,0,0,0,0]

Chapter3:そうこうして「りんごの街」にも移動できるようになり。
[0,0,1,1,1]
[0,2,2,1,1]
[0,3,3,3,1]
[0,0,0,0,0]

Chapter4:ついに「みかんの街」にも移動できるようになりました。
[0,0,1,1,1]
[0,2,2,1,1]
[0,3,3,3,1]
[0,0,0,0,4]

なんとなく、伝わったでしょうか?

そうだ。
せっかく面積という要素があるので、面積の数だけ施設が配置できるというルールにすれば、広さの概念が自然に出てきますよね。

あと移動は隣接する場所へのみ可能というルールで考えていますが、面積によって移動時間が変化すると面白いかな?
広い街からの移動は時間がかかるけれど、小さい街からの移動は時間がかからないといった感じ。
ちょっと上の例ではあまり変化はでなさそうですが、面積イコール時間で表現されるのであれば、広間を通るよりも細い通路の方が早く移動できるといった考えが持ち込めるので、ちょっとしたタイム・トライアル要素を持ち込めたりとか。

ほかに、上の例では「無し」と街だけで地図を作って考えてみましたが、川とか海とか、そういったマップチップ要素を取り入れてみたら何かできるかな?
あとやっぱり洞窟とか欲しくなりますよね。

うーん。
洞窟は施設扱いにしてしまう手もあるのかな。
いや、施設ってなんだろう。ううーん。
あ、移動施設として定義して名前が洞窟とか?
で、無料で移動に使える感じにして、入ったら地図を移動してしまえば理屈はあうのかな?
あれ?でもその場合時間が変化しないといけないから、洞窟に入るたびに未来に進んでしまうのかな。

んー。
どこの〇マサガやねんみたいな。

もうちょっと、地図回りは整理しないとだめだね。
地図という定義を独立させて、地図と地図の間の移動の概念があった方がよいのかな?
あまり膨らみ過ぎると難しくなってしまうけれど、何もできない簡単はツマラナイよね。

もちろん地図情報も出力シートに出力されるようにしますので、(む?その場合はまだ移動していない場所に対するマスク判定が必要になる?)プレイヤーの方も地図を見てうーんうーんって悩んでたのしめる要素になるといいな。

よし、次回も地図のお話。
もうちょっと実例を(わたしたちがRPGっぽいよねって感じるもの)クリアできるように考えてみます。
 
 
ごーごーとらぶる?とか、ごとうさんトラベリング?みたいな命がけの連休がはじまりました。
巧みなステップで無理せず生き延びて下さい。
大丈夫。
内緒でよいので、はっぴーでいてください。

おさしみなさい。