忘れる前にバックアップできたらセーフ、できなかったらアウト。

Steamさんのよいところはソフトのバックアップをローカルに作れるところかなって。

勿論認証は必要なのだけれど、実行する環境が異なってもそこまで厳しくないし、昨今のギガ単位のファイルサイズとか、一度消すとダウンロードし直しは大変だーって時に便利。
ローカルのHDDとか、メディアにバックアップおけば、そこからインストールできて遊べちゃう。

マニアな方はバージョンごとにバックアップするんだって。
あと、配信が終わってしまったタイトルのバックアップ的な意味でも使えるそうな。

昨今はコンシューマ機でもバックアップがあるのだけれど。
ううーん。
コンシューマのハードはメーカー都合で生産終了してしまうし。
認証に関しても勝手が悪く、保証はしてもらえないから行きつくところ、「旬な時期だけ遊ぶ権利」のまま。
予備機を用意してもEEPROM等のフラッシュ系の部品の寿命から逃れられない。

そういった事情を考えると、本当に長く遊ぶにはパソコンになってしまうのかな・・。
パソコンならOSと部品調達である程度環境を維持できるような気がしてる。
がんばれば、今でもWindows Meくらいなら動かせるし。

後ろ向きかな。
 
 
・・・。

後ろ向きだよね。

むむう。

そいえばそいえば、現代のパーツでWindows Me機を組み立てるぜ!という企画がありませんでしたっけ?
はて。

Kindleとかあのへんで見かけた記憶があるよ。

これだ。

Kindle Unlimited入りしている!
これはチェックしないと。

ダメなところいっぱいのWindows Meだけれど、Windows98系のソフト資産を動かすのであれば外せないよね。
いや、Windows98でええやんというお話はおいておいて。