設計を見直そう25、多数決で決まる民主主義的アクション。

アクション関係をいろいろ整理しつつ、まとめページを更新。
だいぶ形になってきたような気がするよ。

って、あれ?

まとめページによると、提案アクションは1つの場所で1つしか選べないので、「多数決で決まる」ようなことが書いてある。

・・・。

そだっけ?

うーん、うーん。
書いたようなー、書いた記憶がないようなー。

はっ!

いや、ううん。
いい。

ゲームつくるー。
 
 
ええと。
アクションの実行順をどのように決めるのか、今の段階でまとまっている点は以下のもの。

1入力シートによる行動を1ターンと呼ぶとここでは定義する。(どしようか考え中)

・1ターンでキャラクタは、共通アクションを最大2つ、提案アクションを最大1つ実行できる
・共通アクションはキャラクタ毎に決定できる
・提案アクションはパーティー毎に決定できる(ソロの場合はひとりパーティー扱い)
・最大3つとなるアクションの実行順は、キャラクタ毎に指定することができる
・提案アクションがパーティーメンバー間で異なる場合、リーダーの提案アクションが採用される
・パーティーメンバー間でアクションの並びが異なる場合、リーダーのアクション順序にメンバーが合わせる形になる

要するにアクションは3つ順番を決めて実行できるけれど、パーティーを組んでいた場合、リーダーの並びが採用されるよというお話。
また、提案アクションはパーティーで1コしか選べないので、リーダーと同じものを選んだことになるよという感じ。

リーダーのアクションの並びが「提案・共通・共通」で、メンバーのアクションの並びが「共通・提案」だった場合。
リーダーのアクションの並びはそのまま、メンバーのアクションの並びが「提案・共通」に変化する。

あと、時間の概念が入るのだけれど、ちょっと今回はスキップ。

ひとまずこれで、パーティー内での提案アクションの不一致は防げる。
のだけれど。

んーんー。

場所に対して1つということになると、パーティー間の整合性をとる必要があるのか。

これちょっと、ゲームブック的なものを想像しているとわかりにくいよね。
えーっと、えーっと。
どちらかというと、ローグライクRPGとか、あっちの方がイメージしやすいかな?

しにくいかな・・。

つまり、みんな1つのターン、同時に動くので、そこにイベントがあった場合、そこにいるひとは同時に参加する形。
そこにいないひとはイベントに参加できない形。

なので、そのイベントに選択肢があった場合、やっぱり「誰かが選んだ1つ」が実行される。

例えば、うーんと。
宝箱があって、選択肢が2つあった場合。
「宝箱を持ち去る」という選択肢と、「宝箱を開ける」という選択肢。
その場にはパーティーが2組以上いて、それぞれが提案アクションを実行する場合。

同じ提案アクションだった場合、優先度判定で順番が決定、各個に成功判定が行われ、先に成功した方がイベントをクリアした扱いになる。
優先度判定で同順だった場合、システム内でランダムを用いて順番が決定される。(その場合は同順位だったよという説明はされる)

と、ここまでは何となくオッケー。

問題は異なる提案アクションだった場合。
今更書くことじゃないけれど、めんどうなルールだね。
はふん。

で、っと。

これもまずは優先度判定で順番を決めて、て?あれ?優先度判定でいい気もしてきたぞ。
何で多数決ということにしていたのだろう。

あ、でも。
同時に1つしか実行できなくても、先に選択肢を選んだ側、例えばパーティーAが「宝箱を持ち去る」を優先度判定で勝って実行。
でも判定で失敗した。
であれば、パーティーBが「宝箱を開ける」を実行できてもいいよね。

むむむ。

駆け引きがほしいかも。

先に手を出した方が先に実行できるから有利。
まぁ、これはいいよね。
でも、あえて後手をとることにも意味があったら、ちょっと面白いよね。

例えばそう。
1回、提案アクションを実行する度に成功率にボーナスがかかるとか。
これならわざと相手に先に失敗させて、自分たちが有利にアクションを実行するという手も考えられる。
あとは失敗した際にペナルティがあるものがあったら、それも後手の方が有利になる。
あまり後手が有利過ぎると問題もあるけれど、先手を取れなかったら全部ダメとなるよりはいいかな。

むーむむ。

ひとりで遊ぶ時にも延々サイコロ振り続けなくてよいし、
提案アクションは失敗すると次回の成功率にボーナスがかかる仕様は採用でよいのかも。
たぶん、システム的にサイコロの目に+1されていく位がいいかな。
5回失敗したら次は6確定みたいな感じ。
判定に使うサイコロは、個数を指定できるので、そこまでバランスが壊れないと思う。

ととと。

多数決の話。

優先度判定で同順だった場合、多数決が採用されるとかなら、ちょっと面白くなる?
その場合、少数派(であることが分かっているケースで)は優先度判定で同順にならないようにしないといけなくなる。
えーっと。

つまりこう。

提案アクションがパーティー間で異なる場合。
・優先度判定で順番が異なる場合、それぞれのパーティーの提案アクションを優先度順に順番に実行する
・優先度判定で順番が同じ(同順)になったパーティーの提案アクションは、人数が多い方の提案アクションのみ実行できる

とかなら?

ただの嫌がらせっぽくも思えるけれど。
人数が多いことの優位性と、人数が少ない場合の作戦の重要性が出てくる。
人数で負けるのであれば、知恵で勝負。

ぼっちで遊ぶ場合はまったく関係ないルールだけれど。
うへー。

ほっちが捗るネ!
 
 
とりあえず順番はなんとかなりそう。

なので、次は「そこにいた」キャラクタが別の場所に移動してアクションが失敗するケース。
「そこにいなかった」キャラクタが移動してきてアクションが失敗するケース。(逆もあるのあるのかな?)
あたりの整合性を、シミュレートしておいた方がよいよね。

あと処理の位置も。

なんか気付くとコーヒー冷めてるけれど。
ホットとアイスが同時に楽しめるとか、ゴージャスな一杯だねとか、じぶんの肩をたたく感じで。
じぶんに優しく生き延びて下さいな。

大丈夫。
内緒でよいので、はっぴーでいて下さい。

おさしみなさい。